このブログは、中将棋や大将棋などの古将棋、変則チェス・古チェスやフェアリー駒など、             現代では忘れ去られてしまった将棋やチェスのルールや駒たちを再発見・ご紹介していくブログです。              古いものを再発見して、新しい将棋やチェスの文化を発信していけたら、という意味があります。               
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年06月18日 (水) | 編集 |
初心者向けの簡単な詰中将棋問題集part2です。

初心者向けの短手数ながらも、中将棋の決め方を考えるには
もってこいの問題です。

(問題1、問題3の作問は中将棋連盟の宮居氏です。)

以前の記事を読んでいない方はあわせてそちらもご覧ください。

中将棋のルールについてはコチラをご覧ください。
中将棋のルール

--------------------------------------------------

前回は、獅子と飛鷲を使った詰中将棋だったので、
今回は角鷹を使った問題です。

練習問題1※一手詰
詰中将棋2_4

角鷹の動き方をしっかり把握していれば簡単。

<解答>(反転)
-------------------------
▲53鷹
獅子は正面2マスの位置に跳ぶことができるので、
盲虎が進めない場所に獅子が立つと詰みになります。

-------------------------

では、この詰ませ方を参考にして、
以下の三手詰問題を解いてみてください。

問題1※三手詰
詰中将棋2_2


<解答>(反転)
-------------------------
▲42と、△同飛、▲53鷹
11の龍によって、後手は金を前に出してと金を取ることができません。
あとは練習問題と同様です。

-------------------------

中将棋では、駒を打つことができないので、横からの攻めに意外と弱かったりします。
次は、横からの攻めを扱った問題です。

練習問題2※三手詰
詰中将棋2_1

横からです。(それしか言うことがありません)。

<解答>(反転)
-------------------------
▲21龍、△31酔、▲同龍
42や52にいる金や酔象は41のマスに下がることができません。
そのため、酔象を31に下げるしかありませんが、これは防御になりません。

-------------------------

ではこれを踏まえて…

問題2※五手詰
詰中将棋2_5


<解答>(反転)
-------------------------
▲21龍、△31酔、▲同龍、△41盲、▲62獅
目的は獅子が62に立つことです。しかし、それには52の盲虎を
移動させなければなりません。
横から龍で突っついてやれば、簡単に移動させられます。

-------------------------

問題3※五手詰
詰中将棋2_3


<解答>(反転)
-------------------------
▲42と、△同酔、▲11横、△31酔、▲同横
横からの攻めを始める前に、41の地点の守りを薄くしておく必要があります。
▲42とに対し、△61玉と逃げても▲11横で詰みを免れません。
3手目に▲同馬、△61玉、▲11横も正解。

-------------------------

------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか。中将棋では持ち駒を使うことができないということが、
本将棋を経験したことのある方には逆に盲点となってしまうかもしれません。

中将棋では、駒を移動させて守りを弱くすることが、
攻める時に重要なポイントだったりします。

スポンサーサイト
テーマ:将棋
ジャンル:趣味・実用
2014年05月24日 (土) | 編集 |
<はじめに>
-------------------------------------
将棋の棋力を高めるには、詰将棋を解けとよく言われる。
チェスの棋力を高めるには、チェスプロブレムを解けとよく言われる。(たぶん)

いづれも終盤力を高めることが、棋力UPにつながるといわれるが、
中将棋では、中盤力を高めることが棋力UPに重要である。

そのためには、次の一手問題集を解くことが重要だ。

多くの駒の中からどの駒に注目をすべきか、ということが重要になるからである。

-------------------------------------

私の対局例から、これは問題に使えるな、と思ったものを
とりあえず、次の一手問題集としてまとめます。

難易度の簡単なものや難しいもの、玉石混合していますが、
その点はご了承ください。

この問題集は、中将棋の初心者向けに比較的簡単な問題をそろえました。
→もちろんわからなくても、答えをみて例を学んでいただければ十分でしょう。

また、あえて問題文やヒントを付けずに出題します。
問題図の局面でどの指し手がよいか、こちら側の駒と相手の駒を観察して下さい。

すべて、こちらが次にどのように指せばよいかということをお答えください。

-------------------------------------

問題11

次のー手_11


<解答>(反転)
-------------------------------------
55麒麟
とりあえず獅子をガードしつつ、麒麟を前に出せばいいのではないか
という安易な発想でも正答できるかもしれません。
ただし、奔王を狙いつつ、53の地点に詰めろをかけているので、
奔王は75の地点から逃げることができず、53の位置に駒の利きを足さないと
いけないという非常に厳しい一手です。

-------------------------------------

問題12

次の一手_20

<解答>(反転)
-------------------------------------
67銀
単純に銀で獅子に狙いをつけつつ、角で龍を狙うディスカバードアタック
が決められる。ちょっと簡単すぎでしたでしょうか。
でも、実践ではこの場合の後手のような局面にさせないことが重要です。

-------------------------------------

問題13

次の一手02

<解答>(反転)
-------------------------------------
2a豹
今回は獅子に攻め入られた時の対処法を問う問題です。
2a豹と指せば、相手の獅子はこちらの駒を取ることができず、
すごすごと引き下がるだけになってしまいます。
こういうときに動揺せず、冷静な対処ができるかが重要です。

-------------------------------------

問題14

次の一手03

<解答>(反転)
-------------------------------------
b3飛
こちらも、獅子に入られたときの対処法を問うています。
つい横行が下がりたくなりますが、こういうときは飛車が動いて、
駒を取ったときの退路を断つことが獅子の対処法としては有効です。

-------------------------------------

問題15

次の一手04

<解答>(反転)
-------------------------------------
95奔
獅子を狙いつつ、竪行を素抜けるこの一手がいいでしょう。
構わず角を取ってこちらの獅子を狙ってきたとしても先獅子があるので、
相手はその次に獅子を取ることができません。

-------------------------------------

-----------------------------------------------

問題11、問題12、問題15は、攻めの手を考える問題である。
盤面の上に散らばっている多くの駒のどれに焦点を当てるか、という
感覚を養ってほしい。

問題13、14は守りの手順を考える問題である。
実際には、うまく守ることができない場合も多いが、
知っているのと知っていないのとでは大違いである。
キーポイントは、駒を取った後に獅子が戻れないようにすることである。

テーマ:将棋
ジャンル:趣味・実用
2014年05月08日 (木) | 編集 |
先日、中将棋の対局会に参加したときに、初心者向けの詰中将棋が
何題か出題されていて、おもしろい問題が多かったので、

それをいくつかご紹介しましょう。
(作問は中将棋連盟の宮居氏)

中将棋のルールについてはコチラをご覧ください。
中将棋のルール
------------------------------------------------

まずは中将棋の花形、獅子を使った詰中将棋を。

練習問題1※一手詰
詰中将棋0_2

獅子の動きがしっかりと把握できていれば簡単な問題です。

<解答>(反転)
-------------------------
▲53獅
獅子は周囲2マスのすべてのマスに跳ぶことができるので、
盲虎が進めない場所に獅子が立つと詰みになります。

-------------------------

この獅子特有の詰ませ方を参考にして、
以下の三手詰問題を解いてみてください。

問題1※三手詰
詰中将棋1_4

<解答>(反転)
-------------------------
▲42飛成,△同盲虎,▲43獅または▲63獅
飛車を切って、盲虎の位置をずらし、先ほどの形に持っていきましょう。
△同盲虎の代わりに△61玉なら▲53獅でこちらも正解。

-------------------------

問題2※三手詰
詰中将棋1_3

<解答>(反転)
-------------------------
▲32獅,△61玉,▲42-53獅
麒麟と鳳凰の行けない場所に獅子が進むのがポイント。
最終形は盲虎の上に獅子が立つことですが、そこを守っている麒麟を
取りながら進めるように1手目で▲32獅を。

-------------------------

次は龍王とその成り形を使った問題を。

練習問題2※一手詰
詰中将棋0_1

龍王が成ると飛鷲になりますがその特性を生かしてください。

<解答>(反転)
-------------------------
▲33龍成
飛鷲は斜め前の2マス目に跳ぶことができるので、
33の場所に立つと詰みになります。

-------------------------

問題3※三手詰
詰中将棋1_1

<解答>(反転)
-------------------------
▲31龍成,△21竪,▲33鷲
初手▲31龍成として、竪行を後ろに下げてから、
▲33鷲で合い駒利かずの詰み。
初手▲33龍成では、△21玉と逃げられ詰まなくなります。

-------------------------

問題4※三手詰
詰中将棋1_2

<解答>(反転)
-------------------------
▲13鷲,△12金,▲22-31鷲
初手▲13鷲に対して、△12金の応手。
対して、竪行を取りながら(喰い進み)で31に進みましょう。
△12竪の応手なら、▲33飛鷲で詰み。

-------------------------

------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか。簡単な問題ながらも、中将棋独特の駒の動き方を
理解していなければ解くことが難しい問題です。

これを機にぜひぜひ、中将棋の独特な駒のおもしろさを
知っていただけたらと思います。
テーマ:将棋
ジャンル:趣味・実用
2013年10月02日 (水) | 編集 |
<はじめに>
-------------------------------------
将棋の棋力を高めるには、詰将棋を解けとよく言われる。
チェスの棋力を高めるには、チェスプロブレムを解けとよく言われる。(たぶん)

いづれも終盤力を高めることが、棋力UPにつながるといわれるが、
中将棋では、中盤力を高めることが棋力UPに重要である。

そのためには、次の一手問題集を解くことが重要だ。

多くの駒の中からどの駒に注目をすべきか、ということが重要になるからである。

-------------------------------------

私の対局例から、これは問題に使えるな、と思ったものを
とりあえず、次の一手問題集としてまとめます。

難易度の簡単なものや難しいもの、玉石混合していますが、
その点はご了承ください。

この問題集は、初心者から中級者に上がるために必要な棋力を要求するレベルです。
→もちろんわからなくても、答えをみて例を学んでいただければ十分でしょう。

また、あえて問題文やヒントを付けずに出題します。
問題図の局面でどの指し手がよいか、こちら側の駒と相手の駒を観察して下さい。

すべて、こちらが次にどのように指せばよいかということをお答えください。

-------------------------------------

問題6
次の一手_6


<解答>(反転)
-------------------------------------
96馬
言うまでもなく、獅子・奔王・龍王をスキュア(串刺し)にする手である。
98鳳なども良い手に思えるが、龍に逃げられて竪行と交換してもぱっとしない。
利益は早いうちに確定させておくのがいいだろう。


-------------------------------------

問題7
次の一手_7


<解答>(反転)
-------------------------------------
63獅子
即詰みの手である。この63獅子を相手は取ることができず、王は逃げ場を失う。
43盲としてしまったのが最大の悪手だ。


-------------------------------------

問題8
次の一手_8


<解答>(反転)
-------------------------------------
85鳳
わかりやすい両取りである。相手が獅子を動かしたせいでこれを許してしまった。



-------------------------------------

問題9
次の一手_9a


<解答>(反転)
-------------------------------------
b5竪
チェスでいうとルアーリングという手筋である。
猛豹を取って、それを奔王で取り返すと、74龍成と横行を取ることができる。


-------------------------------------

問題10 この問題だけ少し難易度が高いです。
次の一手_10
角で龍と飛車のスキュアを食らってしまった…。さてどうするか。


<解答>(反転)
-------------------------------------
34馬または86歩
本譜は△34馬(こちらが後手)、▲57獅、△53龍、▲77獅、△76歩...
と獅子を追って、串刺しを回避した。
▲57獅のかわりに、▲48獅子なら、△76歩で角を縛ってしまおう。
→このあと相手が角で龍を取ると、こちらが角で獅子を取れる。

-------------------------------------

-----------------------------------------------

問題6~問題9は、わかりやすい駒得をできる手順である。
中将棋を上達するためにはまず、相手にこのような手を指されないよう、
気をつけなければならない。

問題10は中上級者向けと言ったところだろうか。
実際には、このような手順がうまく決まる局面はそう多くない。
けれども、しっかりと対応できる術を知っておかないといけない。
テーマ:将棋
ジャンル:趣味・実用
2013年09月19日 (木) | 編集 |
<はじめに>
-------------------------------------
将棋の棋力を高めるには、詰将棋を解けとよく言われる。
チェスの棋力を高めるには、チェスプロブレムを解けとよく言われる。(たぶん)

いづれも終盤力を高めることが、棋力UPにつながるといわれるが、
中将棋では、中盤力を高めることが棋力UPに重要である。

そのためには、次の一手問題集を解くことが重要だ。

多くの駒の中からどの駒に注目をすべきか、ということが重要になるからである。

-------------------------------------

私の対局例から、これは問題に使えるな、と思ったものを
とりあえず、次の一手問題集としてまとめます。

難易度の簡単なものや難しいもの、玉石混合していますが、
その点はご了承ください。

この問題集は、初心者から中級者に上がるため必要な棋力を要求するレベルです。
→もちろんわからなくても、答えをみて例を学んでいただければ十分でしょう。

また、あえて問題文やヒントを付けずに出題します。
問題図の局面でどの指し手がよいか、こちら側の駒と相手の駒を観察して下さい。

すべて、手前が次にどのように指せばよいかということをお答えください。

問題1
次の1手_1


<解答>(反転)
-------------------------------
66麒麟
馬と獅子の両取りである。獅子が逃げなくてはならないので、
麒麟-馬交換が成立する。


-------------------------------


問題2
次の1手_3


<解答>(反転)
-------------------------------
46仲
この串刺しの筋は本ブログで何度も取り上げた、最もオーソドックスなものである。
この筋に気づくかどうかで、初心者か上級者かがわかる実力の物差しである。
私が初めての相手と対局する際、とりあえずこの手をちらつかせて、
相手の実力を測るようにしている。

-------------------------------


問題3
次の1手_4


<解答>(反転)
-------------------------------
77獅
77獅によって、鳳凰を必ずタダで仕留めることができる。
なぜなら、相手の獅子には足がないからだ。相手が次にa8鳳としたら、
75獅として、タダで獅子を頂こう。相手の投了もやむなしである。
この手は相手が74の銀を85に移動したことで生まれた。相手のミスである。

-------------------------------


問題4
次の1手_5



<解答>(反転)
-------------------------------
76鳳
馬と獅子の両取りを掛ける手である。損害なくこの手を逃れる術はない。
鳳凰と馬の交換を受け入れるしかないだろう。



-------------------------------


問題5
次の1手_2


<解答>(反転)
-------------------------------
77獅,89鳳,68獅など
問題2で出題した串刺しの手順を少し変え、相手の立場に立って出題したものだ。
風景を変えるとわからなくなることがあるが、正答できただろうか。
複数回答ありだが、串刺しを回避する手順であればすべてOK。
できれば、高獅子を維持できる77獅または89鳳が望ましい。
78歩は獅子の足がなくなるので絶対にNGだ。

-------------------------------


-----------------------------------------------

いかがだっただろうか。正直に言って、私もこのように局面図をパッと
見せられると、答えられないかもしれない。

しかし、中将棋は駒得をしていくゲームである。
自分の持っている価値の高い駒が、相手の価値の低い駒と交換させられる手は
極力避けなければならない。

今回の問題は、1手で駒の損得がはっきりする手ばかりだが、
実戦では、数手の手順を要するものや、狙いをわからなくさせるために
工夫されている場合が多い。

中将棋の棋力を上げるためには、このような問題を多く解いていくといいだろう。


テーマ:将棋
ジャンル:趣味・実用
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。